【チキータ特訓中】私の成長記 5月/4・6月/1,2,3,4週目

 ↓先週の成長記はコチラ

 

チキータを実践に組み込んでいきたいので、かなり多くチキータ関係のメニューを取り入れています。

チキータの安定性に加えて、コースの打ち分け、回転の違い(横系か上系か)も使えるようになりたいですね……

 

今週の練習メニュー

・基礎打ち(初めの10分程度)

・(バックvs)フォアバック2本2本の切り替えし(回り込みも入れる)

フットワーク強化、両ハンド強化

・バックへ短い巻き込みの下回転サーブ→(バックにツッツキ)→(バックvs)バック2/3オールにブロック

・フォアへ短い巻き込みの下回転サーブ→(全面にツッツキ)→オール

ツッツキ打ちの安定性強化、フットワーク強化

・(ミドル~バックに回転自由で短いサーブ)→バックへチキータ→(バックへ返球)→オール

チキータの安定性強化、チキータからの展開

・(ミドル~バックに回転/長さ自由でサーブ,長短の比率1対1)→オール

ロングサーブ対策

・(全面に回転自由で短いサーブ,フォアバックバランス良く,たまにロング)→オール

フォア前のストップの精度向上、どのサーブにも対応できるように

・ゲーム形式(全体の1/3~1/2)

 

改善点

フットワークを疎かにし過ぎて、上手くチキータができない場合にプレーが非常に消極的になってしまっている

最後はフォア

バックハンドのレベルを上げる練習に加えて、しっかりフォアで点を取りにいけるような練習も

 

ゲーム形式の結果

vs綺麗なカットマンのRさん(自分より少し弱い) 1勝0(3-0)

 綺麗だが、自分から回転を作るのが苦手なので、ナックル中心の展開が課題か

vs昔卓球をやっていて再開したSさん(自分と同じくらい) 2勝3敗(3-2,2-3,0-3,2-3,3-2)

 最近はもう実力差がなくなってると感じる程の成長ぶり

vs正統派前陣女子卓球のKさん(自分と同じくらい) 1勝0(3-0)

 前陣でのピッチの早い卓球やコースの良いスマッシュが得意

vsしっかり攻めれるカットマンのNさん(自分と同じくらい) 0勝1(1-3)

 正統派でしっかり浮いたボールも攻め込める、もう少しカットに変化が欲しいかな

vs下回転からの展開が主体のSさん(自分と同じくらい) 34敗(2-3,0-3,3-2,0-3,3-2,2-3,3-2)

 競って競って負けることが多い

vsミスが少なく堅実派ペン粒のRさん(自分より少し強い) 1勝0(3-0)

 激しい変化はないもののミスが少なく粒高での前後の揺さぶりがいやらしい

vs巻き込み・YGが上手いライジングマンのNさん(自分より少し強い) 03(1-3,1-3,1-3)

 積極的なレシーブ・3球目をどう防ぐか考える

vsラバーにあまり詳しくないが強いKくん(自分より少し弱い) 1勝0敗(3-1)

 ブランクがあるので、これからの成長に期待 ラバーを変えても化けるかも

vs攻めるペン粒のWさん(自分より少し強い) 0勝1(1-3)

 苦手な粒高で、こちらのプレーの粗さを分からせてくれる相手

vs中陣ドライブマンのTさん(自分と同じくらい) 0勝2敗(2-3,1-3)

 球が厳しくないので相性が良い気がするが、簡単には勝てない・・・

vsサーブの回転量が凄いSさん(自分より少し強い) 1勝0(3-0)

 サーブは相変わらず強いが、久々に勝利

vs前陣ミートマンのRさん(自分と同じくらい) 0勝2(1-3,1-3)

 調子の波が激しいが、調子が良いとかなり強い、サーブも少し取りづらい

vs大学で再開した3年経験者のEさん(自分と同じくらい) 01(1-3)

 練習不足気味だが、結構強い学校出身でセンスがある

 

改善点

 ・サーブの打球位置が高いためにサーブ自体が高くなったり台から出たりして強い人には狙われる

 サーブの打球位置をもっと低くするように常に意識する。

・相手サーブの回転の見極めが甘く、安易にツッツくクセがある

 「サーブを相手に打たせてからの展開」を考えている相手に対しては敢えてツッツキするのは有効だが、そうでない場合・ツッツキするとチャンスボールになるようなサーブはしっかりチキータやフリックなどで処理する。

・球の打ちミスが多すぎる

 「足から動く→ラケットに当てる→相手コートに入れる→球の質を上げる」この優先順位を忘れない。現時点では”相手コートに入れる”が出来ていないから、まずは入れることを重視する。

・試合でのドライブ強打にミスが多い

下回転打ちの時の体勢が崩れすぎている、いつも通りの打ち方で。

・戻りが遅い

 ↑に関連するが、これは台上技術などで台に寄ってからニュートラルポジションに戻るまでの速さと、打球し終わってから再び打球できるようになるまでの速さ両方が遅い。この遅さが原因で台から出た球をしっかりドライブできなかったり、連打できなかったり、ということが多い。

 

その他に全体を通して気付いた点

・基本姿勢の腰の位置が高すぎる

腰の位置が高いために、打球する際に大きく体が動かすことになり、バランスが崩れやすく、また戻りも遅くなってしまう。意識的にスタンスを広げる,、肩幅の1.5~2倍程度を維持

・単純なスイングスピードが遅い

スイングする時に腕に常に力が入っていて、球にしっかり当たらなかったり、スイングスピードが遅くなったりしている。もっとリラックスさせて、当たる瞬間にだけ力を込める感覚を身に付ける。

ただ単に力を抜いているだけでは強いインパクトは出しづらいので、力まず出せる70%くらいのスイングのパワーを筋トレなどで上げていく努力もする。

スイング改善中。

・バックハンドは”肘を張って前腕を振る”イメージ

今までは手首で打球するような振りだったが、これだと威力が出せないので安定しない。

“しっかり前腕を振ることを意識して、その動きに手首も付いてこさせる”というイメージ。

・チキータが万能であること

特に薄く擦るチキータの場合、基本的に何回転であっても返球可能であるから、良く分からないサーブが来る場合は積極的に擦るチキータを使う。

また、チキータ慣れしていない相手に対しては、フォアミドル~ミドルをチキータで狙うことで威力がなくてもミスを誘える。

 

来週に向けて

今までの用具が弾みすぎ&重すぎだったので、もう少し安定志向の用具を模索し、現在は両面スピン系テンション+マリエキで落ち着いています。

 

もう少し硬めでも良い気がするので、用具の微調整はあると思いますが、チキータのやりやすさも考慮して、厚ラケにすることはないでしょうね。

 

予定練習メニュー

 

・基礎打ち(初めの10分程度)

・(バックvs)フォアバック2本2本の切り替えし(回り込みも入れる)

フットワーク強化、両ハンド強化

・バックへ短い巻き込みの下回転サーブ→(バックにツッツキ)→(バックvs)バック2/3オールにブロック

・フォアへ短い巻き込みの下回転サーブ→(全面にツッツキ)→オール

ツッツキ打ちの安定性強化、フットワーク強化

・(ミドル~バックに回転自由で短いサーブ)→バックへチキータ→(バックへ返球)→オール

チキータの安定性強化、チキータからの展開

・(ミドル~バックに回転/長さ自由でサーブ,長短の比率1対1)→オール

ロングサーブ対策

・(全面に回転自由で短いサーブ,フォアバックバランス良く,たまにロング)→オール

フォア前のストップの精度向上、どのサーブにも対応できるように

・ゲーム形式(全体の1/3~1/2)

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です