しろーとフィットネス&卓球

卓球好きな大学生が、卓球関連の気になった情報を片っ端から書いていくブログです。

MENU

世界卓球2018ハルムスタッド大会開幕、グループリーグは日本男女で結果に差が・・・(5/3追記)

f:id:shirotofitness:20180502064433j:plain

 

日本時間の4/29(日)~5/6(日)にかけて、スウェーデンのハルムスタッドで世界卓球2018が絶賛開幕中!

 

今年もITTFがオシャレなPVを製作してます! 

www.youtube.com

 

今回の開催地であるスウェーデンは日本よりも時間が7時間遅いため、だいたい現地の昼前~夜にかけて試合があるので、LIVEで観ようとすると日本時間の夕方~早朝ということになります。

 

ちなみにハルムスタッドってここらへん。

 

偶数年の今年は団体戦ということで、より日本人が一体となって応援できる感じですね!

今年は開幕前に詳しく今大会をまとめた記事が書けなかったので、去年の記事から「世界卓球」という大会についての説明を↓に一部流用しました(笑)

 

そもそも「世界卓球」ってどんな大会?(過去記事抜粋)

正式名称は「世界卓球選手権(World Table Tennis Championships)」で、頭文字をとってWTTCと略されることもあります。

なんと第二次世界大戦前の1926年に始まった歴史ある大会で、国際卓球連盟が主催する最も権威のある大会です。

 

特徴としては、毎年開催されるものの奇数年個人戦偶数年団体戦が行われる点です。つまり、今年は2018年ですから、団体戦が行われるということになります。

※2001年までは「2年に1度の頻度で奇数年に個人戦&団体戦が同時開催」だったんですが、2003年からは「毎年開催で奇数年に個人戦/偶数年に団体戦」に変更されました。

 

世界卓球の表彰者を見てみると、1990年代頃から本格的に中国のメダル独占が始まり、特に2000年代以降で中国以外が金メダルを獲得したのは、シュラガー(MS,2003)、荘智淵/陳建安(MD,2013)、キム ヒョクボン/キム ジョン(XD,2013)、許昕/梁夏銀(XD,2015)、吉村真晴/石川佳純(XD,2017)、スウェーデン(MT,2000)、シンガポール(WT,2010)と数えるほどしかなく、57/63個金メダルを中国が獲得しています(2015年の混合ダブルスも含む)。

特に女子に関してはまさに"中国天下"状態なので、2010年のモスクワ大会でのシンガポール女子の金メダルがいかに凄かったかが分かります。

"モスクワの奇跡"と言われるだけありますね!

www.youtube.com

表彰式の様子ですが、銀メダルの中国チームのお通夜感が凄い(笑)

 

※wikipediaの「世界卓球選手権」はコチラ

※参照過去記事:【これさえ読めば全て分かる!!】世界卓球2017デュッセルドルフ大会を詳しくまとめてみた!!打倒中国!!

 

今大会は特設ページが充実!

ここ最近はテレ東が世界卓球にかなり力を入れており、今大会も特設サイトがオープンしています。

www.tv-tokyo.co.jp

特にインタビュー動画やダイジェスト動画が充実してますね。

 

また、今年のテレ東世界卓球のツイッターでは、現地の選手たちに「TV TOKYO、ミテネー」と言ってもらう「#ミテネー」という企画をやっており、これがとても面白い。

 

日本男子を地獄に突き落としたイングランドのピッチフォード選手のミテネー。

 

バスに乗り込むところをとっ捕まえられたオランダのエース、リュウ ジャ選手のミテネー。

人柄の良さが伺えますね。

 

シンガポール戦で快勝した我らが日本代表、大島裕哉選手のミテネー。

爽やかです。

 

 

そして今年はITTFの特設サイトも充実しています!

特にライブスコアなどは助かる人も非常に多いのでは?

ITTF 特設サイト

ITTF ライブスコア

ITTF 試合結果まとめ

ITTF 試合日程

 

日本代表のグループリーグの結果と決勝トーナメント組み合わせ!

5/2までで行われた男女グループリーグの試合結果をITTFが分かりやすく掲載してくれているのでそちらを見てみましょう。

 

男子

f:id:shirotofitness:20180503152529p:plain

知っている人も多いと思いますが、イングランドが本当に強かった!

ピッチフォードの今大会のアタリ具合は本当に凄くて、水谷・張本・サムソノフ・荘智淵を含む6戦全勝です。

 

女子

f:id:shirotofitness:20180503152540p:plain

今大会の女子はエグイほど強い(笑)

全試合で1セットも落とさない3-0のストレート勝利ということで、このままの良い流れに乗って中国にぶつかってほしいですね!

 

個人的には、試合に出られない長崎が少し可哀そうな気もしますが・・・

世界ランク的にも実績的にも上の加藤美優ではなく、経験を積ませる目的で長崎を代表に選んだのだから、アメリカ戦とかには出しても良かったと思いますけどね。

 

決勝トーナメント組み合わせ発表!

5/3現在で、男子は決勝トーナメントの組み合わせが発表になり今日から1回戦が、女子は1回戦まで終了して今日から準々決勝が始まります。

それでは、日本代表の男女それぞれの状況を見ていきましょう!

 

男子

f:id:shirotofitness:20180503153046p:plain

イングランドが全勝のため日本はグループリーグ2位通過でしたが、なんとか中国とは逆の山に入ることが出来ました(笑)

 

男子は日本時間で今日の20時から、1回戦で香港と激突します!

放送:BSジャパン(LIVE配信)Paravi(LIVE配信、下記参照)

 

黄鎮廷などを有する強いチームですが、ここを勝って良い流れで韓国戦に臨みたいですね。

 

女子

f:id:shirotofitness:20180503153059p:plain

シンガポール→韓国→中国、という感じで当たることになりそうだと予測したんですが、まさかのウクライナ勝利!

意外な相手が勝ち進んできたものの、ウクライナは日本はグループリーグで快勝している相手だけにリラックスして臨めるのでは?

 

男子と同じく、こちらも日本時間で今日の20時から準々決勝でウクライナと激突です

放送:テレビ東京(LIVE配信)Paravi(LIVE配信、下記参照)

 

残り3試合を頑張ってもらって、1971年以来の女子団体優勝を果たしてもらいたいですね!

 

今大会も日本の試合をITTVで観れないけど・・・

今大会についても去年と同様にテレ東がLIVE放送の放映権を買っている関係?で、日本からは日本選手の試合のみITTVでLIVE視聴することが出来ません。

今年からは「Paravi(パラビ)」という有料配信サービスで世界卓球はLIVE配信してます、ひでー話です。

 

とか言っといて、Paraviは現在「登録した月は無料キャンペーン」を行ってるので、今登録すれば今回の世界卓球は無料で見れる!やったぜ(笑)

www.paravi.jp

それにしても、4/30にすぐ登録した人涙目だろな(;^ω^)

 

一応、少し無理矢理ですが日本からITTVを観る方法は存在し、水谷がピッチフォードに負けて日本がイングランドに敗北する瞬間とかも私はITTVでLIVE視聴してました。

 

コチラの記事で解説しているので、気になる人は見てみて下さい。

ただし、自己責任ですよ。

www.shirotofitness.com

 

 

【スペシャルゲストが参加】卓log会練習会、ここにきて過去最多人数更新!

f:id:shirotofitness:20171219023948p:plain

 

去年の冬口頃にぬる~っと発足した卓球ブロガーの集い「卓log会」

 

卓球好きが集まって好き勝手に練習やら用具試打やらをして、その後ビールを美味しく頂く会みたいなものなんですが、既に10回くらいは集まりがあったのでは?

 

ただ、メンバーの大半が社会人なので集まるメンツもその時々で違い、メンバーの知り合いの人を誘ったりしても1回の練習で集まる人数はせいぜい6人くらい。

 

それが今回の練習会、なんと過去最多の12人の参加!!

正確には、練習が11人、一人帰って一人合流し、飲み会も11人。

 

参加者が集まりそうな時間・場所を選んで調整したこともあるのですが、それと同じくらい大きな要因は・・・

 

卓球人なら皆大好き卓球専門雑誌「卓球王国」のゆうさんに参加して頂いたことではないでしょうか。

そう、用具好きなら知らない人はいない卓球王国BLOG | 台隅をつつけ! の書き手の方です。

 

f:id:shirotofitness:20180423000524p:plain

卓球王国HP:卓球ポータルサイト | 卓球王国WEB

 

卓球ブログなんか書いてるだけあり、卓log会メンバー全員、普通の卓球人よりかは卓球の情報に興味を持っているわけで、王国のゆうさんと会って話せるとなれば、たとえ火の中水の中←

 

ナルコさんの書いた卓log会の記事「ゆう@卓球王国」なる人物が初めてコメントしてきた時は、「これ、偽物ちゃう・・・?」などと失礼な話し合いをしたのも今は昔。

まさかこんな日がやってくるとは・・・ナルコさんに感謝です(; ・`д・´)

 

ということで、今回はいつもの卓log会メンバー8人に加え、練習会初参加のSHUNさん、そしてゲストとしてゆうさん含む3人に参加して頂きました。

集まっていただき本当にありがとうございましたm(__)m

 

それでは、どんな会になったかについて書いていきましょう!

 

その前に参加メンバーを紹介

いつものメンバー

しろーと

ナルコさん:卓球漫談

リンさん:リンの卓球物語

貴絽さん:卓球迷宮地下1階

つじまるさん:つじまる備忘録。

インディペさん:田無のいんでぺ卓球研究所 研究員Kのノート

卓球道さん:卓球道 〜29歳から目指す初級者から中級者への道〜

立野Bさん:大人初心者「立野B」の卓球ノート

初顔合わせ

SHUNさん我流卓球理論 | オープン戦1回戦敗退だった僕の、強くなった全手法

現在卓球コーチとして活動されている強~い方、いつかインディペさんとのシングルスを見てみたい。

練習はとても真面目でしたが、飲み会だと打って変わってユニークな方だなと(笑)

ゆうさん卓球王国BLOG | 台隅をつつけ! | ゆう

言わずと知れた卓球用具界の有名人。

練習会では"YouTubeの試打動画よりも数割増し(本人談)"のナイスボールを連発してました!

座間さん 卓球専門WEBメディア Rallys(ラリーズ) / 記事を読む
ナルコさん繋がりで参加して頂いた、座間辰弘名義でラリーズに寄稿している方。

本名じゃないというのが地味に驚いた(笑)

中川さんHome - Team Gunblade

遂に自分より若い方が卓log会に現れました。

Team Gunbladeの広報担当でHP運営から動画作成までこなす仕事人。

 

 練習会は予想外の満員スタート

都内某所で行われた練習会ですが、社会人が多い&土日も忙しい人が多いため月曜の夜という何ともその後が大変そうな日程に決定。

 

立野Bさんが探してくれた施設に18時ちょうどくらいに着くと、既に貴絽さん・リンさん・中川さんが到着済み。

後で貴絽さんのブログを読んで知ったのですが、貴絽さんはこの練習会の前にもつじまるさんと卓球をしていたという(笑)

中川さんとはここで初顔合わせとなったんですが、話しやすそう&年が近そうということで安心し、受付を済ませてすぐに4人で練習開始。

 

施設は天井が低いものの清潔感があり、卓球台も8台くらい置かれていたわけなんですが、予想外なことに地域のおじちゃん・おばちゃんが結構多い。

夜の部が開始して一瞬にして台が全て埋まり、これから大人数が来ることを受け付けのおばちゃんに伝えて取りあえず2台使わせてもらうことにはなったものの、「2台で11人は厳しいなぁ・・・」と考えながら打っていると、仕事を終えた社会人メンバーがポツポツと合流。

 

そこからは1台2人ないし4人で、打つ人を順番に変えながら1時間ほど黙々と練習。

当初は「2台で11人は~」なんて考えていましたが、他の利用者は一人また一人と練習を早めに切り上げていき、練習終盤にはほぼ1台2人ペースに。

 

1時間程の練習を終えてだいたい参加者が集まったところで、ゆうさん・SHUNさんに関しては全員が初対面なこともあり、軽い自己紹介タイム。

なぜか年齢を公開する流れになり、その時は20代が4人・30代が3人・40代が2人という感じでした。

暇人は誰が何十代なのか予想しよう( ^)o(^ )

 

自己紹介・休憩を挟んでから、残りの時間はフリーで試合をしたり試打をしたり。

流石のゆうさんも”当たり前のようにハンドソウがいる状況”には慣れていないようで、ハンドソウ体験を楽しんでいる感じでした。

もっとガツガツいって「パワーセル打たせてください!」って言えば良かったなぁと今更になって少し後悔していますが、まあ、とりあえずは楽しんでもらえたようで良かった良かった。

 

その後、最後のメンバーが合流して11人全員が揃い、20時過ぎになると遂には卓log会で半分貸し切り状態のような感じに。

台の余裕が出来たため、最後に5人vs6人に分かれて3シングル2ダブルスの形式で団体戦を実施しようということになりました。

流石にSHUNさんとインディペさんが同じチームになるとパワーバランス的に厳しいので、二人が別れるようにグー・パーでチーム分けを行った結果・・・

 

【チーム SHUN】:SHUN、しろーと、つじまる、貴絽、中川、リン

【チーム インディペ】:インディペ、ゆう、ナルコ、卓球道、立野B

 

SHUN  × ナルコ

しろーと  × 卓球道

リン ×  立野B

貴絽/つじまる ×  インディペ/ゆう

 

そしていい感じに2対2になり、最終試合は SHUN/中川 vs ナルコ/卓球道 のダブルス対決に。

ただ最終ダブルスが始まったのに、誰も応援せず練習してるという・・・

そういう私も、つじまるさんのラケットを借りてスティガのマントラの良さを実感してましたが←

 

打ちながらもチラチラ横目で見ていましたが、かなりの大熱戦!

当人であるナルコさんのブログの方にも書かれてます(笑)

 

かなり長く試合をしていたので、試合後SHUNさんに「今の試合、フルセットでしたか?」と聞くほどだったのですが、惜しくも今回は3-1でナルコ/卓球道ペアが勝利し、我がチーム SHUNは2-3で敗北・・・

ま、まあ、こういうのって勝ち負けじゃないしね!←

f:id:shirotofitness:20180420065259j:plain

 

この団体戦が終了次第、練習会は終了してすぐに飲み会に向かうということになっていたんですが、その前に折角こんなに沢山人が集まって、しかも王国のゆうさんもいるのだからと卓log会初の集合写真を撮りました。

 

受付のおばちゃん、撮影してくれてありがとう( `ー´)ノ

f:id:shirotofitness:20180420060826j:plain

 

飲み会は卓球トークで最後まで駆け抜けた

そそくさと着替えを終え21時頃に施設を後にし、一同は飲み会の舞台となる「牛バル こじまや」へ!

中川さんは明日が早いということでここで抜け、お店で座間さんと合流という形に。

 

この店も立野Bさんに予約までしてもらって・・・重ね重ねありがとうございますm(__)m

 

そこまで安いお店ではなかったんですが、食べログの画像からして旨そうな気配がプンプンだったので、個人的にはラッキーでした(笑)

https://tabelog.com/imgview/original?id=r3176267798301

 

私が不慣れな乾杯の音頭をとって飲み会は無事スタートしたわけなんですが、まず運動直後だからビールが普段より美味い!

ゆうさん含めオジサンたちは「美味いビールを飲むために練習してる」みたいなこと言ってました(笑)

 

そこからは終電まで卓球トークが延々と続きました!

 

やはりゆうさんが来ているということで、ゆうさん中心にテナジーの話、卓球コーチの話、卓球王国のYouTubeの話、樊振東の話、別冊グッズの話など色々と普通の人は知りえない話をして頂いて、一同大盛り上がりでした。

個人的に村井選手の話や樊振東のお酒の話が興味深く、聞きそびれてしまった水谷選手のベンチコーチの話も次回があれば聞きたいと思いましたね。

ゆうさん曰く「今回はぶっちゃけ話が1割程度」だったらしいので、期待は特大(*´ω`)

 

今回はテーブル席2つという感じで席移動しづらい飲み会だったため、SHUNさんや座間さんとこのままだとあまり話さないまま終わってしまうと思い、終盤は移動して卓球選手の裏話をお二人から教えてもらって「えー、そうだったんですかΣ(・□・;)」と連呼してました。

お二人については初対面だったので、いつから卓球してるのか、普段何してる人なのかとか、プライベートな話もズカズカと色々聞いてしまいました(;´∀`)

 

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、そろそろ終電を意識する時間になっても、ゆうさんから特別情報を教えてもらったり、貴絽さんがゆうさんにPALIOのカレンダーをプレゼントしたりと、寧ろ終わりが見えてきたからこそ皆ラストスパートをかけるかのように喋り続けてましたね~。

 

いよいよ皆終電だということで店を出てからも、店から駅に向かうまででも、XIOMの話をしたり、次回の練習会・飲み会の話をしたりと、最後の最後まで楽しめた飲み会でした!

卓球道さんに至っては持ち帰った仕事を帰宅後にこなすはずが、うっかり終電を逃してしまうほど(笑)

「こりゃーなかなかに素晴らしい会が出来上がってしまったなぁ」としみじみ感じてしまいました(笑)

 

一体この会はどこへ向かっていくのでしょう、なんだか少し楽しみです。

 

 

いまさらジャパントップ12観戦記 前編

f:id:shirotofitness:20180330042938j:plain

 

お久しぶりのブログ更新となります~

一応辞めるつもりはサラサラないのでマイペースで頑張りますよ、新年に何か目標を立てた気はしますが、もはや気にしない方向で( ^ω^)

 

さて、少し前になってしまうのですが、3/3(土)に駒沢オリンピック公園総合運動場でジャパントップ12の観戦に行ってきました。

 

今回はその時の感想等について書いていきたいと思います。

 

そもそもジャパントップ12ってなんぞ

そもそもジャパントップ12とはどんな大会かというと、直前に行われたその年の全日本選手権でベスト8に進出した男女8人ずつに、協会で選出した男女4人ずつを加えた男女計12人ずつで行われるシングルスのみの大会のことです。

 

参加するかどうかは比較的自由のようので、故障してしまった選手や前後に大きな大会を控えている選手などは参加を見送る場合があり、ベスト8選手が不参加の場合はその分協会選出枠が増えるので、年度によって色々な選手が出場します。

 

第一ステージは3人×4リーグに別れて5セットマッチの総当たり戦を行い、第二ステージは各リーグの最上位者4名で7ゲームマッチのトーナメント戦を行い優勝者を決定します。

 

ちなみに、出場選手全員が賞金を貰える非常に珍しい大会です(笑)

 

個人的には、日本の超トップ層の選手たちの試合を1日で色々と観れてしまうという、かなりお得な大会だと思います!
「短時間でトップ選手の生の試合を見たい!」という方にはオススメですね。

 

今年の選手はこんな感じ

今年の選手は以下の通り。
f:id:shirotofitness:20180330025246j:plain男子はベスト8の松平健太選手が不参加のため、上田・吉村兄弟・松山・𠮷田の5人が協会選出となりました。
女子はベスト8から石川・伊藤・平野・石垣の4人もが不参加となったため、大矢・森薗・前田・早田・橋本・長崎・芝田・安藤の8人が協会選出され、全日本上位者とは違った面白いメンバーになりました。 
石垣選手に関しては「全日本で引退」と本人は決めていたんでしょう、出場権はあっても参加はしなかったみたいですね。お疲れ様です。

 

ジャパントップ12 最寄り駅から観戦まで

 次回以降ジャパントップ12が同じ場所・時間で開催されるのかは不明ですが、「私はこんな感じでしたよ~」という情報程度に、今大会の私の「最寄り駅から観戦まで」を書いていきます。次回も同じ場所・時間だったら参考にしてください(笑) 

 

まず、今回がワタクシの初ジャパントップ12観戦で、Twitterのフォロワーさんから「去年は1時間前には行列が出来始めてたよ」との情報を教えてもらっていたので、開場1時間30分前の8時に最寄り駅の”駒澤大学駅”に着きました。

 

プチ情報ですが、このくらいの時間に駒沢大学駅に行くと多く大会関係者に会えます。
手伝いの大学生とかもいましたが、有名どころだと上田・森薗(政)・渡辺・龍崎選手とかを駅で見ることが出来ました。
流石に話しかけてサインを貰うような空気ではなかったですが。

 

 駅から会場入口まで徒歩で20分弱ほどなのですが、面倒な人は近くまでバスでいけます。私は一人寂しく歩いて行きました。

 

ちなみに、駒沢オリンピック公園に入ると沢山の建物があって、どれが会場となる施設なのか混乱してしまうかもしれませんが「駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場」なので赤丸の方になります。
f:id:shirotofitness:20180330033059p:plain
 駅から歩いていくと先に青丸の建物が現れるのですが、そっちは「体育館」なので別物です。 
私は一瞬「俺が一番乗りかっ!?」と思いかけましたが、そんなこと有り得ないのですぐ間違いに気づきましたw

 

途中で食料などを買い、1時間10分程前に会場に到着。

到着後は会場入口からアリーナ・スタンド別々に並ぶのですが、1時間以上前に着いているのに私が買ったアリーナ席の列には既に50人近く並んでおり、ひじょーに驚き!

スタンド席は更に並んでいたのは言うまでもありません。

 

さて開場までそこからひたすら待つわけですが、建物の日陰に並ぶ必要があったのでメチャクチャ寒かった・・・  
その日は晴れていたんですが、普通に暖かめの上着が欲しいなって思うレベルでした。
 
そして開場10分前になると、この大行列!!
f:id:shirotofitness:20180330032543j:plain
昨今の卓球人気、水谷vs張本の再戦などが理由の要因なんでしょうね。
マツケン、石川、平野、伊藤選手が出場していれば更に増えたかも、と考えると卓球すげーなって思いました。
 
9:30、やっと開場しまして順番に入場→場所取り合戦になるわけですが、アリーナ側は、猛ダッシュしてるような人はいないもののやや早足気味に、皆良い席を目指します。
途中に各メーカーの物販ブースがあるんですが、そこで立ち止まって特価ウェアなんかを吟味してると良い席はすぐ無くなりますので注意です。席を取った後に戻って来ましょう。
ちなみに私はこういう時に売られてる限定Tシャツに目が無いので、今回はJUICの限定Tシャツを購入しました。
なんかバスケっぽいデザインですが、まぁよし。
 
今回は第一ステージと第二ステージで台数が変わる関係で、アリーナ一番中央の席は台数変化後も選手を目の前で見ることが出来るゾーンになります。
当然そこを私は狙っていたんですが皆同じ考えのようで、既に中央部分は埋まっており、少しズレたところに着席。
当たり前ですが、どの席が良いのかってのは事前に調べておくのは重要です!

東京体育館などと比べるとアリーナ・スタンド共に数が少なく狭めの会場ではありましたが、選手との距離は東京体育館よりも近い印象でした!
 
既に選手たちは練習をしていたのですが、練習だけでも迫力があります。

 

今回は面白いイベントがあり、選手入場の際に選手が自分のサイン入りボールを(1人5個くらい)観客席に投げ入れるというものがありました!
どの選手も同じようなところに投げ入れるので、「ボールがメチャクチャ貰えるゾーン」と「全く貰えないゾーン」に分かれていて地味に笑いましたw
ちなみに私は貰えないゾーン(;^ω^)

 

さて、第一ステージ開始。4台進行なのであっちこっちに目移りしてしまうわけなんですが、予選の段階でも見所盛りだくさん!

 

吉村兄弟対決、早田の男子顔負けのドライブ、橋本の安定カット&反撃、安藤のサーブ&ミート打ち(ミマパンチ的なことは安藤の方が先な気がする)、森さくらの謎のダァーーォ!!、ジンタクvs吉村真の大接戦、水谷vs松平賢の大迫力ラリーなど、観ていて飽きません。

 

個人的には水谷vs松平戦が今大会で一番スーパープレーが出まくっていた試合に感じました。
特に最後の一点が・・・w
普通に「この試合の動画欲しい」って思いましたが、試合中は撮影禁止ダヨ( ゚Д゚)!

 

そして最終的な結果がコチラ。f:id:shirotofitness:20180330030331j:plain
f:id:shirotofitness:20180330030337j:plain 
もう結構時間が経ってしまっているので優勝者くらいはご存知だと思いますが、最終的に男子決勝は水谷vs張本、女子決勝は早田vs橋本となりました。

 

決勝の軽い感想

男子は、序盤は全日本と同様に張本の勢いに手を焼いていた水谷でしたが、色々なサーブを試して張本の強いレシーブを封じられるサーブを見つけてからは、張本は勢いに乗れずズブズブと水谷ワールドにハマっていった感じでした。
このジャパントップ12の時の水谷vs張本戦は、時間があるときに分析記事を書きたいですね・・・いつになるのやら←

 女子は早田の圧勝という感じでしたね。
そもそも他の選手と比べて、早田は明らかに一発の威力と、ラリー力(フォアバックの切り替えし、繋ぎの球の質など)が違いました。その他の面では他の選手に遅れを取る部分もありましたが、ドライブで強引に点をもぎ取りに行けるから大丈夫って感じでしたね。 

 

特にあれだけドライブに威力があると、佐藤・橋本という世界レベルのカットマンでも拾い切れない感じで、決勝の橋本戦でも「セットは落としても負けることはないだろうな」という印象を持ちました。
それよりも、その前の安藤戦の方がサーブに苦しめられていたので負ける可能性はあったのかなと。

結局早田は今大会オールストレートということで、石川・平野・伊藤がいない中、優勝候補筆頭として他の選手との格の違いを見せつけた形となりました。 

 

どーでもいいですが、水谷選手はこの大会との相性が悪くて結構負けてる印象でしたが、優勝4回目なんですね。 流石です。

f:id:shirotofitness:20180330041005j:plain

 

オマケ

ちなみに、最近ではTwitterでの試合後の弄り合いも見所です(笑)

主に水谷選手周辺ですが。

 

 

次回の観戦記後編では、私が感じたトップ選手と我々パンピーの違いについて詳しく書いていこうと思っています。

オマケ情報もあるので、暇な人は見てくださいな。

 

では。